本文へスキップ

新しい視点で暮らしの問題を考えるミュゼ・アルディ

女性のためのカウンセリングWOMEN

女性の特色

男女の差がなくなりつつあるといわれる昨今ですが、外形から見ても、内面的にも男女の差はまだまだ大きいと思
います。では、その差はどこからくるのでしょうか。まず脳について考えてみましょう。

     


精神面の相違・月経とカウンセリング


男性と女性の違いはその身体的特徴に表れている他に、精神面でもかなり相違点があります。その大きな要因とな
るのが生理( 月経 )といえます。

月経を今更説明する必要もないと思いますが、人間などの霊長類に発生する、一定間隔をもって周期的に反復する
子宮体内膜からの出血のことです。脳の視床下部や下垂体と卵巣から分泌されるホルモンによって相互に作用し、
調節されて発生するものです。

ところが、この現象にはいまだに解明されていない部分が多く存在しています。その最たるものが月経によって発
生するこころの症状(精神面の変調)といえるでしょう。

月経にともなって、なんらかの心理 ・ 精神症状や身体症状を自覚する女性は多いと思われます。その作用で精神
状態などが良くなるのであれば問題はないのですが、この月経周期(月経が始まってから次の月経の前日までの期
間。通常 は28日間)にともなって自覚される心身の不調あるいは変調が多く発生してきます。

この現象は「 月経随伴症状 」呼ばれ、腹痛、 腰痛をはじめ、乳房がはる、眠くなる、イライラ感、倦怠感、不眠、
下痢、便秘など 人によってさまざまな症状があります。毎月のように苦しんでおられる方も多いと思います。


☆PMS(月経前症候群)とカウンセリング

月経前症候群(PMS:Premenstrual Syndrome)とは、上記の周期のうち生理前1〜2週間に発生する「イライラ
する」「気分が沈んでしまう」「身体の具合が悪くなる」という症状のことを指します。

この症状が起きやすいのは、基礎体温が普段と比べて0.3〜0.5℃上昇している時期に該当します。現在の医学でも
はっきりとは解明されておらず、カウンセリングも(よほどうまく気持ちを吐き出せるクライエントさんの場合を
除いては)イライラ感を増加させることがあります。

この時期には自分のイライラをカウンセラーに対してぶつけてしまったり、体調が悪くカウンセリングそのものが
受けられないという方も多いので、なるべく安静にしていることと、その症状の理解者(夫・母など)が近くにい
ることが重要なポイントです。

ミュゼでは服薬を先行させることをお勧めしています。通常のピルだけでなくさまざまな薬がありますから、症状
に応じて服用してください。精神科と婦人科では対応が違うことがありますが、どちらに行かれてもかまいません。

なた、PMS状態が軽い方は来談者中心療法を行うことも可能ですが、一定水準以上になると、カウンセラーの受
け答えそのものがイライラ感を高めることにもなりますので、ご自身の体調により受ける・受けないを判断してい
ただく必要があります。重症の方の場合は、境界性パーソナリティ障害の方と同じような状態になることもありま
すから、カウンセラーにも伝えておくとよいでしょう。


☆PMSの治療

完全な治療法は見つかっておらず、現状では対症療法を行うしかありません。また個人差もあり、ある特定個人に
効果があった治療法が別の個人に効くとは限らないことも多いです。

漢方薬やピルなどの服薬などが行われていますが、婦人科と精神科では投薬可能なクスリが違いますので、確認す
ることが大切だと思います。

株式会社ミュゼ・アルディ
山手心理相談室(本町相談ルーム)

大阪市中央区北久宝寺町4−3−8
本町アーバンライフ512 

TEL 06-6180-6280


  大阪 奈良 兵庫

メールでのご予約

アクセス

近隣地図

相談室ご案内

暮らしのご相談

ご相談料金

心の総合相談室

サイトマップ

インフォメーション

初回ご来室時の注意点

ACとソーシャルスキル

パワーハラスメント

適応障害

アダルトチルドレン

アレキシサイミア

夫婦カウンセリング

関係改善トレーニング

カサンドラ症候群

結婚と依存症

ストレスとカウンセリング

結婚までに考えること

日常会話

結婚への質問集

相談室情報

電話相談

メール相談

山手スタイル

総合ご案内

inserted by FC2 system