本文へスキップ

新しい視点で暮らしの課題を考えるミュゼ・アルディ

アスペルガー・ACと日常会話TALK

日常会話のレッスン

アスペルガー症候群の方に限らず、アダルトチルドレンやその他会話を苦手とされる方は多いです。コミュニ
ケーションという言葉を聞いただけで足がすくむ方も多いでしょう。

     


その原因は(アスペルガーであったかどうかは別にして)、子供時代の「遊び」が不足していることも影響して
いる場合が多いようです。遊びを通じて自然発生的に出すことができるようになるはずの言葉が、ゲームや塾な
どに奪われているといっても過言ではありません。

たとえば、次のような会話をどう感じられますか。

 ☆親子の会話

子:今日の晩御飯は何?

母:肉じゃが。お出汁もちゃんととってあるよ。

子:・・・・・。

母:どう、おいしい?

子:フツウ。

母:肉じゃがっておいしいよね。

子:・・・・・・。
 ☆夫婦の会話

夫:今日も晩御飯作ってあるんだね。

妻:忙しいあなたの体調を考えたの。心配だもの。

夫:別に毎日作らなくていいよ。

妻:味付けもあなた好みよ。

夫:外食でも原理は同じだよ。
 

妻:・・・・・。

夫:・・・・・。


このような会話が「特に問題ない」と思う方(またはその方のご家族様)は、一度山手心理相談室をお訪ねくだ
さい。夫婦関係・ご家族の関係改善につながる場合も多いです。

ミュゼでは、子供のころに取得できなかった「日常の会話」をその方のレベルに応じて習得していただきます。
アスペルガーやその他発達障害の場合、時間は通常より必要ですし、またレベルアップの度合いも少ないことが
多いのですが、今より少しでも向上をとお考えの方は、ぜひ一緒にがんばりましょう。

*こころの相談室でも申し上げていますが、トレーニング可能な方ばかりではありません。中度以上の発達障害
や、ほかの症状との併発がある場合など、言葉の理解ができないことがあります。カウンセリングやトレーニン
グは言葉(日本語)を通じてのやり取りになりますので、対応できない場合があることはご了解ください。
inserted by FC2 system