本文へスキップ

新しい視点で暮らしの課題を考えるミュゼ・アルディ

熟年離婚の回避VINTAGE YEAR DIvORCe

何も悪くないのに

熟年離婚の定義といえば、一般的には「中高年の夫婦が離婚すること」となるのですが、実際には夫の退職を機
に、それまで経済的な理由で離婚を控えていた妻が

熟年離婚 カウンセリング   熟年離婚 カウンセリング  熟年離婚 カウンセリング

「夫は年金しか収入がなくなる」

「今のうちにいただくものはいただきましょう」

「老後は夫抜きで(あるいは一人で)暮らしたい」


というケースが最も多いようです。


この形態は、夫が一人で家計を支えていた時代の遺物といってもよく、夫婦共働きが当たり前になった現在では、
もっと早期の離婚が増加しているのです。


妻側から見ると、せっかく自分が築きあげてきた「城」に、何もわからない夫が突然「城主様」のような顔をし
て乗り込んでくるのですから、本質的に良い気分にはなりにくいものです。

しかし、夫にとっては寝耳に水というケースも多く、実際DVや不倫、浪費などの要因がないにもかかわらず離
婚に至ることも少なくありません。

表面上の理由として「性格の不一致」「価値観の違い」という理由はあるのですが、その中に隠された真実の理
由如何では、裁判離婚に多額の費用(通常100万円以上)を支払わなくても良い場合も多くあります。


DVその他の要因がないにもかかわらず、なぜ夫と離婚するのでしょうか。もちろん、離婚を決意している方に
対して翻意してくださいというものではありません。

離婚を決断する前に、一緒に話し合いませんか。山手心理相談室ではご夫婦の問題を多くの角度からチェックし
て、せっかくの夫婦関係や老後資金を大切にしていただきたいと思っています。


株式会社ミュゼ・アルディ
山手心理相談室(本町相談ルーム)

大阪市中央区北久宝寺町4−3−8
本町アーバンライフ512 

TEL 06-6180-6280


  大阪 奈良 兵庫

メールでのご予約

アクセス

近隣地図

相談室ご案内

暮らしのご相談

ご相談料金

心の総合相談室

サイトマップ

インフォメーション

初回ご来室時の注意点

ACとソーシャルスキル

パワハラ

適応障害

アダルトチルドレン

アレキシサイミア

夫婦カウンセリング

関係改善トレーニング

カサンドラ症候群

結婚と依存症

ストレスとカウンセリング

結婚までに考えること

日常会話

結婚への質問集

相談室情報

電話相談

メール相談

山手スタイル

総合ご案内

inserted by FC2 system